取った方が安心な事がある

女性

治療法ごとに特徴がある

メラニン色素を含んだ細胞が密集する事で、ほくろは形成されています。メラニンで形成されているというからには、当然の如く紫外線の影響を受けて増殖してしまう場合もあるという事です。紫外線以外にも数が増える理由はあり、ストレスを感じたりホルモンのバランスが変化したりする事でメラニン細胞が作られ、ほくろが発生してしまいます。また、ほくろは遺伝性を持っていると考えられており、ほくろの多い両親の間に生まれた子供には、同じようにほくろが出来やすいという特徴があります。基本的には、数が多かろうと少なかろうと特に健康には影響しませんが、稀にガン細胞が紛れ込んでいる事があるので注意が必要です。ほくろとして皮膚上に現れるガン細胞は、特徴的な形をしているので見た目での判別が十分に可能です。例外もありますが、通常ほくろは綺麗な円形をしています。しかし、ガン細胞である場合は左右非対称である事が多いです。加えて、輪郭が曖昧で皮膚との境がハッキリと分からないものや、色味に違いがあるものなどはガン細胞である可能性が高くなってしまいます。これらは稀なケースであるため、過剰に心配をする必要はありませんが気になる人は、ほくろ除去手術をすると良いでしょう。除去手術には、メスを使った方法とレーザーを使用する方法があります。特にレーザーでほくろ除去をする方法は、再発をする可能性が僅かながら存在しますが、治療痕が残りにくいというメリットを持つため人気が高い治療です。メスを使ったほくろ除去手術の方は、再発のリスクが少ないというメリットがある一方で、レーザーよりも治療の痕が目立ってしまうデメリットを持っています。どちらのほくろ除去治療にもメリットとデメリットが存在するので、時間を掛けて検討をする事が大切です。

Copyright© 2018 皮膚科の治療で変われる健康美肌【改善策の説明をしてくれる】 All Rights Reserved.